東放学園

TOHO会

TOHOKAI
東放学園同窓会のためのTOHO会へようこそ!
今日も絶好調

東放学園

2019年10月30日

10月30日(水)今年は秋の長雨(豪雨もあり)が続いて秋らしい空があまりなかったが、今日は朝からさわやかな晴天。寒くなるのはもう少し先にしてほしいものだ。

1030-1


久しぶりに晴れた週末上野の山に、
なにかと野暮用が多かったので美術館巡り。

1030-2


東京都美術館は印象派の名品を集めたコートールド展。
東京国立博物館は「文化財よ永遠に」はすごい企画展だ。
全館にわたって日本文化の歴史が一望に楽しめるもの。

1030-3


入場料も手ごろで3時間余りの日本美術史鑑賞。
やはりここも外国人の数が多かった。(6割近くの鑑賞者)

1030-4


この日はたまたま家人の誕生日。例年の通り。
花屋に頼んでおいた花籠が届いた。
娘から少し小ぶりな花束が贈られて食卓が華やいだ。

1030-5


しかし、先日の大雨の時はスマホに避難警報が2度も鳴って、
雨風の吹き荒ぶなか、近くの学校の避難所に行ってみたが満員。

あきらめて帰ったが、何せゼロメーター地域の集合住宅の我が家。
今回は何とか無事に過ごせたが今後が心配である。

1030-6


まだまだ被災地のことを思うと心が曇ってしまう。

1030-7


先週またまた大雨の荒れる中TOHO音響専門学校で、
学校評価委員会が開かれた。
5人の委員で19年度の学校の活動内容評価。
学校側スタッフとは、10年ぶりにお会いする先生も参加で懐かしかった。

1030-8


外部委員には業界委員もいて活発な討議がおこなわれた。
その一人PA音響で有名な会社から福本誠二さんが見えた。
35年ぶりの再会でも当時の私との会話を覚えていた。
(業界バイトもいけどもう少し学校に来なさい!)
と教室で言われたことを覚えていると。
こちらは全然覚えていなかったが、なぜかうれしかった。
彼も今や会社のナンバーツーの実力者らしい。

1030-9


こうしてTOHOのOBの方々が大きな影の力になっている。
学校の大きな財産の一つは卒業生の皆さんである。

これから良き伝統を誇る学校になるのはOBをいかに大切にしたかにかかる。
「ローマは一ににしてならず」だ。

1030-10


1030-11




toho_sakuma at 17:00 この記事をクリップ!

2019年10月09日

10月9日(水)今日は久しぶりに秋らしい晴天、長そでのワイシャツで赤坂の事務所へ。 街は上着のサラリーマンでようやく衣替えの季節。でも週末にまた台風が来そうだ!

1009-1


朝から良く晴れています。

抜けるような碧空。暑い日がしばらく続いていたので気分も良い。
この頃我が家のベランダにはカマキリがやってきたり、

1009-3


庭先の夏ミカンにはアゲハチョウが優雅に飛んでくる。

1009-4


夜にベランダに出てみると虫たちの大合唱に癒される。
里山が壊されて野鳥や獣が街にやってくるようになった。
尾長やメジロなど野鳥がこんな小さな庭にも現れる。
気候変動だけではない原因がありそうだ・・・。

1009-5


昨日、学校の教職員と学校評価委員会の打ち合わせがあった。
S校長とK先生がわざわざ私の家の最寄り駅まで来られた。

会議の事前打ち合わせがメインだったが学校の近況などで長時間。
お二人とも学校就任時には若手のバリバリだった想いが。
S先生はこの春、5代目音響専門学校の校長になられご多忙とか。

1009-6


校長先生は元来仕事がそんなに多くはないのだが、
時代も変わって部下の面倒をよく見ているらしい。
いまの若い先生は丁寧すぎるほど仕事の確認をして欲しいそうだ。
それと専門学校に対する行政の対応も増えた。(学校の自己評価など)
少子化対策で、海外出張や体験入学のイベントが目白押し。
私がいた頃より細かい仕事が増えているとのこと。
(私も2校の校長を兼任していたことがある)

1009-7


それにしてもいつの時代にも学校現場はその時代特有の忙しさがある。
そんなこんなと大いに久しぶりに話していたら3時間余り!
委員会打ち合わせもそこそこで、学校の今の話題で大いに話の花が咲いた。
久しぶりに学校の教職員からホットな話題が聞けて嬉しかった。

1009-8


夜半にTVを点けたら、
あの三島由紀夫が自決してから50年というドキュメンタリーがあった。
何かつくづく遠い昔がよみがえってきそうな一日だった。

1009-2



toho_sakuma at 17:00 この記事をクリップ!

2018年11月28日

11月28日(水)暦の上ではもう木枯らしが吹いてコートが必要な頃なのに暖かいこの頃。暖冬の予報もあるが今日もコートなしで外出だ。

1128-1


先週末、台湾のTOHO会が台北で開かれた。

1128-2


当地は折から統一地方選挙当日何人かのOBが欠席。
それでも12名に参加者で大盛況。
中にはわざわざ高雄から駆け付けたOBも。

1128-4


大半の参加者は女子、特に台湾の彼女たちは元気がいい。
でも新しく会長になったのは男性、まじめな方だ。
ビンゴ大会を企画して会を盛り上げていただいた。

1128-3


小河原会長も日本国内よりなんか活気があるといっていた。
日本の地方TOHO会はなぜか静かな盛り上がり。
はじけるような、熱気ムンムンの感ではない。
もっとも、台湾のほうはまだ新しく卒業生の年齢も若いから、
二次会もほとんどの方が参加で、またまた大盛り上がり。

1128-5


帰路、ホテルの近くの選挙事務所はまだ明かりがついていて、
スタッフたちが最終投票の結果をTVモニターを見ていた。
当日の投票率は60%を超えていて政治意識の高さを感じた。

1128-6


また現地視察は地下鉄と鉄道を乗り継いで「十分」へ。
休日と中国本土からの観光客で鉄道は満員。
けれど鉄路の小旅行もなかなか乙な味わい。

1128-7


台北から2時間弱で古びた町のたたずまいを観つつ渓谷へ。
天燈(バルーン)上げで名高い「十分」は鉄路に人があふれるほどの混雑。
私はバルーンに漢詩の一節を書く

杜牧の 「遠く寒山に上れば石径斜めなり・・・」

1128-8


雨空にバルーンの赤が奇麗に上って行った。
ミニハイキングで渓谷の滝を見にマイナスイオンを浴びに。
ここでも大勢の観光客であふれかえっていた・・・。

1128-12



先日、TOHOの大先輩、鈴木先生(ベルさん)から呼び出しがあった。
40年前の某地方局からの付き合いで年一度の食事会のお誘い。
当時は千葉御宿の民宿で夜っぴての宴会旅行。
その後は東京での食事会に変わったが、当時のメンバーは半分以下。
それでもベル先生の音頭で集まりが続いている。

1128-10


今年は六本木の香妃園で中華料理のフルコース。
ここは何を食べてもおいしいが、特に〆に出てくる鶏そばがうまい。
鶏のスープに「にゅう麺」の塩味がとてもおいしい。

今日もメンバーの最年少、月野木先生もいてTOHO歴代三校長がそろった。
創設以来40年余り、現在は四代目校長が活躍中だ。
それにしてもここに集まったメンバーの大半は80歳代。
全員食事は完食!健啖家揃い、皆さん長生きしそう・・・。
さすがに二次会はなく8時台に買いはお開きになった。

また次回来年の再会を期して散会した。
私を含めてまたお会いするときが楽しみです。

1128-11


これからすぐに師走になる。
忘年会や集まりは好きだがほどほどにしようと思っている。
今年もあっという間に12月に、早いものだと思う・・・。

1128-9



toho_sakuma at 12:52 この記事をクリップ!

2018年10月24日

10月24日(水)やっと秋らしくなってきたが朝夕の寒暖差に体が参ってしまいそうだ。おまけに秋の長雨のせいで寒くなってきた、昨日は初冬の格好で出かけた。

1024-1


先日講習会でまたまた放送系のOBと再会。
恩田巌さん、現在番組プロダクションの社長だ。
在学中は何かと問題児でヤンチャしていた。

1024-2


そして私は彼をよく叱っていたのだ。
彼もそのことはよく覚えていて、「先生が一番怖かった!」と。
いまこの業界で活躍しているOBは大体、在学中は目立って元気すぎる人物だった。
成績はそこそこ悪く出席も良くない、間違っても優等生ではない。

1024-3


しかし、遊びの達人だったり、校内外の友人をたくさん束ねていた。
コミュケーション能力が高いのだ、そして明るい性格は共通。
そんな彼が今や中堅のプロダクションを構えている。
30年の間だいぶ人には言えないご苦労があったかも。

1024-4


それにしてもこんなに長い間会わなくても、
一瞬にしてその時の記憶がよみがえってくるのは不思議だ。
たまたま一緒に食事をしたが、楽しいひと時だった。

1024-5


それと正反対に人の世は残酷なことも見せる。

1024-10


TOHO会の役員、金沢の南さんが急逝した。
かれも25年ぐらい前の放送クリエイティブ科の一期生。
私はその頃4年制の本格的コースを立ち上げるのが夢だった。
苦労して立ち上げて学科だったのでよく覚えている。
4年分のカリキュラムと講師の手配大変な思いをした。

1024-6


特に一期生の皆さんは人数も少なく一人ひとりが印象深い。
その中でも南さんは學園とも縁が深く北陸地区TOHO会を纏められていた。
大きな体で優しそうな笑顔が忘れれられない。

1024-7


教師にとって何が悲しいかと言えば、
教え子が自分より先に逝ってしまうことに尽きる。
これには順番がないというあまりにも残酷すぎて悲しい。
自分の息子のような年頃なので余計に来るものがある・・・。

1024-8


南さん(南ちゃん)どうぞ安らかに休んでください    合掌

1024-9


toho_sakuma at 17:00 この記事をクリップ!

2018年10月03日

10月3日(水)先週末、久しぶりの長野TOHO会があり、雨模様の中大勢のOBが集まった。30数年ぶりの方々も多く、二次会まで大盛り上がりでした。楽しかった!

1003-1_R


先週末、台風が迫ってきているなか長野TOHO会が開催。
第三回目、1970年代卒のOBも二人参加で嬉しかった。
2年前なぜか放芸のクラス会にわざわざ上京参加した放技の河原さん。
アナウンス学院卒の成田さん、懐かしい方々と昔話。

1003-2_R


お二人とも定年を過ぎても働いている。立派なことだ。
80年代卒の0Bは私の授業をあいさつ代わりに再現してくれた。
VTRでの作品鑑賞講座で(観ているだけの授業)ど緊張していたと。
中野校舎の100名教室は私がいるだけで授業中は静まりかえっていたようだ。
「怖い線先生」が知れ渡っていて、しわぶき一つ聞こえなかった。
そのあと800字の感想文を書いてもらっていたが、
採点はいつも電車の中。(そのころ千葉から通っていたので)
いまはもう懐かしい思い出になってしまったが、
我ながら真面目な先生だったのかもしれないと思う。

1003-3_R


年齢を重ねると今さっきのことはすぐ忘れるが、
ふとした瞬間にとんでもなく昔のことがよみがえってきて驚く。
特にOB会で昔の学生に会うと脳の記憶回路が瞬時に働く。
それにしても、たいして大きくない我が脳はメモリーが一杯なのか。
容量がないので新しいことが覚えにくくなってきた。
こうしてパソコンに向かっているのは、
新しい出来事ををデジタルデバイスに移し替えているようだ。
変な例えだが自分で納得している。

1003-4_R


話がそれてしまった。小雨模様の長野市は久しぶりに来たが、
地方都市の例にもれず、この街もピカピカして作りが似ていて特色をなくしていた。
善光寺だけが健在。昔は門前町の風情がしていたが、今はないのは寂しい。

1003-5_R


二次会では親の介護をしているOBさんの苦労話に皆黙ってうなずく。
それぞれの人生の喜びや苦労を打ち明けられるのもこの会があってのこと。
ほとんどの人が通る道とはいえ人生いろいろあるという実感、同感。
これからも懐かしさだけではなくより深く大きな交流を望みます。

1003-6_R


1003-7_R


このところの地区TOHO会は予想以上に人が集まるようだ。
特に定年や還暦過ぎの懐かしい皆さんの参加が多くなった。
若かりしときの同窓の友、恩師先輩、後輩。
特に同じ地区とは言えども会う機会の少ないTOHOの縁あるOB。
これからも地区独自のネットワークでOB会を開いてほしいものだ。
今年は地震、週末台風があり大変な年になっている。

改めて長野だけでなく多くののOB皆さんのご健勝をお祈りいたします!

1003-8_R



toho_sakuma at 17:00 この記事をクリップ!

2018年04月11日

4月11日(水)今日も東京は朝から春の嵐が吹きまくっている。今年はいつもの年より気候が良くない。風が強い日はなぜか気持ちが落ち着かない。うららかな春の日が待ち遠しい。

0411-1


先日TOHO学園から「2017年度 研究起用集」が届いた。

0411-2


例年より少しページ数が増えて厚みがある。
ここしばらく応募が減っていたのが盛り返したようだ。
表紙にはVOL.38とあるこれだけ長く続くとは嬉しい限りである。
当初は「専門学校には必要がないのでは」との声もあったが、
なぜか発案者のわたしは強固に必要性を主張した。
「本校の専門性が内輪の授業などで終わらないように」
教職員の意識を高め、他学校との差別化を図ろうと思ったのだ。

0411-3


また学生にも本校の先生はこんなことを考え、研究している旨を知ってもらう。
教員は教える前に自らを研究して鍛え上げるもの。
いろいろな意味で教職員のレベルが向上する狙いもあった。
自分の業務や授業を常にアップデートなものにするためにも。

0411-4


特に先生たるものは論文を書くという行為で新しい自分に気づくことがある。
その延長に学生とのコミュニケーションがある。
「うちの先生はこんなことを研究しているのだ」と。
ある日、同業他校の集まりで「TOHOさんの論文集はすごい」と言われ嬉しかった。

0411-5


現役を退いてからも毎年のように論文審査の依頼があり楽しみにしている。
近年は皆うまくきれいにまとまって読みやすい。レヴェルが上がったようだ。
今年も2編の審査をさせていただいた。事務型と教員側から一編ずつ。
いずれも良い内容なので高く評価させていただいた。
総合審査の結果それぞれ上位の受賞となった。メデタシ、メデタシ・・・。

0411-6


こうした良き伝統がこれからも続くように望みます。

0411-7


今日は朝から強い風が吹き荒れている。
今年何度目の春の嵐か?気が滅入る。
家を出がけに隣家の藤の花房が大きくスイングしていた。
もう藤の季節か?例年よりずいぶん早いようだ。
街路樹のハナミズキも今が盛りだ。散歩にはよい季節になった。

0411-11


0411-8


今週初め、後輩たち三人と銀座で「四人の会」。
今回は寿司屋で食事会。たまに行く銀座だが行く度に変わってきている。
銀座通りは店構えがモダンになり、外人の姿が多くみられるのだ。
今回の幹事のなじみの店で、新鮮なネタの寿司をいただいた。
みなさんそれぞれ組織の偉いさんでご活躍の様子。頼もしい限り。
近況報告やらなにやら楽しい時間でした。(幹事のHさんありがとうございます)

0411-9


次回は大久保のヴェトナム料理とか。楽しみである。(パクチーは苦手だが)

0411-10



toho_sakuma at 17:00 この記事をクリップ!

2017年08月09日

8月9日(水)ノロノロ台風が去って、東京は夏空が戻った。でも暑すぎる!暦の上ではもう残暑見舞いの頃、今日の予報では37度超えとか!

久しぶりにTOHOの関先生から嬉しい便り。
珍しい野鳥達の力作写真が送られてきた。
【野鳥写真館】だ。

0809-1


天然自然、野生の大空を羽ばたく者たち。
その精悍な面構え、特に猛禽類の類のない鋭敏さは群を抜いている。
これらの写真の肝は獲物を狙う彼らとそれを撮るものの、
まさに格闘技なのだ!!

0809-2


新しく望遠系のレンズに替えての新作だ。
獲物を狙う者とそれをまた狙い撃ちするスナイパー。
観測手もいない孤独な狙撃手。
緊張感の持続のさせ方は計り知れない。
ただひたすら「その時」を待つ。
永遠と思えるほどの張りつめた時間空間。
その刹那が訪れた。
しなやかに引き金を絞るようにシャッターが連射。
おそらく無意識の意識化。

0809-3


生きながらの彼ら、被写体を活写した。
まさにカメラと言うメディアを通して共に生きた瞬間を視る。

この瞬間に至るまでの関先生のご苦労は並み大抵ではないはず。
こんな至福の瞬間を創りだすために多くの物を犠牲に。
それにも増して成果は大きい。

ツルンとした日常を送りがちな私には羨ましく思えるのだ。
それにしても何時も美しい鳥たちの写真有難うございます。

0809-4


関先生の野鳥写真館のコメントより

【珍鳥 ヤツガシラ】
全長27センチ、日本のヒヨドリ位の大きさ、こんかい確認されたのは、
群馬県館林市に、僅かに一羽だけ。
北アフリカからヨーロッパを主に生息している種だけに、
アジア極東の日本に渡ってくるのは数年に一度だけと言うレアケースです。

これからも野鳥写真館の活動を期待しています。

0809-5


toho_sakuma at 17:00 この記事をクリップ!

2017年03月29日

3月29日(水)今週月曜日、上野の都美術館に書展を観に行った。桜はまだだがそれなりに人が出ていた。とにかく雨上がりで寒い一日だった。

0329-1


月曜日は朝から雨だったが夕方には上がった。
このところ毎年のように書のメンバーと一緒に鑑賞。
「謙慎会」 今年も全国から8000点余りの応募。
明治・大正屈指の書家西川春洞の(堂号謙慎)所縁の歴史ある書展。

0329-2


数の多さに圧倒される、先生や知り合いの作品を探すだけで、
けっこう疲れてしまうけれど、観賞会のあと食事を兼ねて飲むのが楽しみ。
上野のお山を下ると早咲きのしだれ桜がひときわ艶やかで、
お約束のように騒がしく自撮り棒で撮影している某国の人たち。
何か妙な気分になってくる、桜・日本・・・右寄りのヒトではないが、
ここは日本の上野か!
でも少し早い花見気分もあって食事会は和気あいあいいだった。

0329-3


思うに本家の中国は簡略字体、韓国はハングル。
ちゃんとした漢字文化が残っているのは台湾と日本とは淋しい。

0329-4


硯で墨を摺る、墨の香りがする、一瞬これからの書道空間が。
ゆっくりと立ち上がる気がする、不思議な時間だ。
心が改まるし、日常から非日常へ時空間が広がる。
初筆から息を詰め一字を書きあげる。
その瞬間がたまらなく良い。

0329-5


「書は人なり」と言われている。
その人物そのものが出ていると言われている。

0329-6


文字そのものにも興味が深く在る。
文字の成り立ちや歴史を学ぶだけでも凄く深い。
この頃は「文字学」関係の書物を読むことが多い。
何にしてもその道の先達が立派な仕事をしているのに驚く。
実習はここ3年余り篆書(てんしょ)を習っている。
印鑑の文字によくつかわれている書体。
やはりこちらも奥が深い・・・。

これからも長いおつきあいになりそうだ。(グループのお仲間とも)

0329-7


先週も飲み会があった。(四人の会)

私と10歳下ぐらいの昔から付き合いのあるグループ会。
輪番制で幹事がお店を決める。

0329-8


今回は秋田出身のHさんが秋田県の由利本荘市のアンテナショップ、
居酒屋を探してくれた。
秋田料理と言えばきりたんぽ・ハタハタ・いぶりがっこ・しょっつる鍋など。
酒は詳しくはないが天寿・鳥海山などが知られている。
居酒屋がアンテナショップとは珍しい、店はあっという間に満席。
どの料理も物珍しくおいしかった。
店の構えは古民家をそのまま移設したような田舎家。
この夜は少し寒く熱燗とハタハタが最高の取り合わせだった。

0329-9


神田錦町はかつて大学の語学教室があったところだ。
(過剰定員で教室が足りなかった)
このあたりの町の雰囲気はそんなに変わっていなかった。
何せ50年以上も昔なのに。

このメンバーは気がつけば30年位のお付き合いだ。
それぞれに仕事や遊びを一緒にした仲だ。
ふた月に一度ぐらいの割合で開かれている。
現役を上がった私を呼んでくれる、嬉しい限りである。
メンバーの一人Nさんは台湾土産で故宮博物院の
「白菜」の携帯ストラップを皆にプレゼント。(夜は光る)
お気遣いありがとうございます!

これからも元気である限り出席させてください。

0329-10秋田酒場


toho_sakuma at 17:00 この記事をクリップ!

2017年02月08日

2月8日(水)昨日は一日中強い風が吹き荒れた。立春すぎだと云うのに朝晩はまだまだ寒い日々が続いています。日は永くなったのだけれど。

0208-8


寒い時にはおでんで一杯やりましょう!
久しぶりに食事会をしましょうとのお誘い。

0208-1


先週はTOHOの職員とOB職員のお楽しみ会だ。
場所は浅草・千束町の老舗のおでん屋。(わたしのリクエスト)
毎年のようにいっていたがここ2〜3年はご無沙汰。
ここの古いしもた屋風な店構えが好きだ。
浅草の中心街からやや離れているので一見さんには探しにくい。
店内に入ると少し改築した跡が見えるが、雰囲気は良い。
客層は以前と違って若くなっている。ネットで検索、評判が良いようだ。
この店の味はおでん・・・関東炊き、やや濃いめの味付け。
旨い!焼酎のお湯割りがますます体を温めてくれる。
日本人に生まれて良かったと想う至福の時。
店を出た処で幹事の粕谷先生に記念写真を撮ってもらった。
この辺りにも中学時代のクラスメイトが沢山いた。
もっともあの頃は夜の浅草に出入りはしていなかった。
帰路、振り返ればおでん屋「お多福」の提灯が暖かく灯っていた。

0208-3


浅草は昔からの歓楽街。
食べ物屋も沢山のバリエーションがある。
三種の神器「すし・天ぷら・ウナギ」も事欠かないほど店がある。
そして蕎麦・すき焼きもだ。(とんかつは上野)
最近はスカイツリー効果で土日はどの店も列をなすほどの盛況ぶり。
十年前はもう浅草は復活が無いと言われるほど寂れていたのに。
仲見世・新仲見世は人通りががぜん増えた!
外国人旅行者が大半を占めているようだ。
ともあれ街が再び活気づくのは良いこと。
何せ私の子供の頃は迷子案内所が何か所も出来ていたくらい。
町はまさに生き物の様だ。ひょっとした拍子で変化する。
今の浅草はスカイツリーと外国人旅行者のおかげなのだ。

0208-2


家に帰ると日本ポストプロダクション協会から、
「映像音響処理技術者資格認定試験」問題集が届いていいた。
20年位前、私が協会に提案した資格認定制度である。
いまでは全国の専門学校、大学、業界、一般と広く施行している。
本年度は懸案であった上級クラス(アドヴァンス)を実施に入る。
ポストプロダクションでは撮り終えた素材を編集・映像、音響処理をする。
作品におけるフィニッシュワークなのだ。
地味で根気のいる仕事ではあるが広い知識と判断力が必要な職業だ。
試験問題も今ではすっかりデジタル機器対応の物が多くなって来た。
TOHO学園でもその講座を設けて試験に備えている。
今後上級コースの行方を見守りたいと想う。

0208-4


先週、私の誕生日だった。
家族からYシャツなどを送られた。(どこどこのメーカーの物と指定していた)
トラッドの定番もの、サイズもぴったりで嬉しかった。
翌日、放送芸術科OBの「いつものA組」から花のバスケットが届く。
毎年忘れずにきれいなお花を有難うございます。
皆さん卒業してから30年は経つのにいまだに心配して頂いている。
皆さんも人生半ばでご苦労が多い時でしょうに…深謝!

0208-5


日中散歩すると今は何処を歩いても梅の花が真っ盛り。
紅梅、白梅、蝋梅・・・の花たちが凛と咲いて香る。
たまに鶯やメジロが花をついばんでいる様は、
一幅の日本画の様だ。

0208-6


そう云えば近ごろ絵画展に行っていない。
そろそろ上野のお山辺りに散歩がてらに行っても良い頃だ・・・。

0208-7



toho_sakuma at 17:00 この記事をクリップ!

2016年10月05日

10月5日(水)先週末、広島で久しぶりのTOHO会が開かれました。前回は参加も少なかったが、今回は大勢の参加もあって大盛上がりでした!

1005-1


今年の気候は本当に可笑しいぐらい変だ。
台風はどんどん上陸してほぼ日本を縦断している、
たまに秋空を観るとなぜかホッとする。
今のところそんな好天は続かない。
今日も台風の前触れで東京は突然の雨が降ったり。
早く湿気のない秋の青空が続いて欲しい。

1005-2


広島TOHO会の報告です。

10月1日(土)新幹線で広島入り。
ホテルにチェックインして水を買いにコンビニへ。
店内はやけに混雑、そして赤い景色が現出!

1005-3


この日は広島カープの最終戦、黒田投手の登板とあって、
家族連れの客は15番のユニフォームで買い物。
市民が積極的に応援、加熱する日に遭遇。
市内は広島カープ一色なのだ。

1005-4


懇親会の会場は市電で三つめの繁華街内にあった。
その店名も「紅緒」!カープ色を意識して?

1005-5


OBさんたちが続々と集って来る。
35年振りのアナウンス学院のOG、Fさん。
卒業時に「わたしは自衛官になります」と云っていたKさん。
(1985年放送芸術科卒)
宣言通り現役の陸自官。あと数年で定年だそうだ。(55歳定年)
卒業時に彼は私と握手をしたことを今でも覚えていると。

1005-6


何時もの事だが歳月の流れの速さを感じてしまう。
学科は違えども、最初は緊張していた面々もすぐリラックス。
TOHO効果なのか。
会長の小河原さんの挨拶。
そしてご指名で乾杯の発声をさせていただく。
しばし懇談・・・・・。
OBサンの現況と昔(TOHO)の思い出話に。

1005-8


わたしはあの小さな塾の様な学校が存続している訳が分かる。
全国、台湾、韓国に出前のOB会を開催しているTOHO。
おそらくこんな学校は無いはずだ。
OBは学校のとても大事な財産。
皆の想いが年輪のように、年ごとに増えていく。
今や五万人を越えた巨木になった。
TOHO会イズムがあるならば、
それは綜合的に良い教育環境で育ったOBの
再び出会いの場を創る積極的な支援なのかもしれない。
良き学びの良き思い出、そして教師や授業や良き出会いの場所だった。
そしてそれをフォローする体制。
(事務局、地区役員OB、もちろん学校全体も)
教育は物を売っておしまいではなく、人を育てOBが逆に後輩を育てるのだ。
良き人の循環が永続しているのが「良い学校」のひとつの条件。
縁あってTOHOに入った事が遠い将来につながって行く・・・。

1005-7 広島集合


二次会の会場に行く間そんな事を思っていた。
ほとんどのOBが参加。
第二部も各自また違った話で親密さを増す。

今度は在郷のOB会を自主開催するといいね・・・。
他の地区では既に行っているところもあるようだ。
草の根がつながって、新しい出会いが沢山出来ればいいなと思う。

会もお開きになって少し寂しくなった盛り場をあとにホテルに戻った。

今日も好い日。良い出会いがあった。
そして良い眠りに就いた・・・・。

1005-9


toho_sakuma at 17:00 この記事をクリップ!
最新記事
Archives
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)