東放学園

TOHO会

TOHOKAI
東放学園同窓会のためのTOHO会へようこそ!
今日も絶好調

ご紹介

2016年03月16日

3月16日(水)春の前振りの様な長雨が続いた。冬の寒さ!お陰で風を引いてしまった。でも二日間熱が下がらなかったのできつかったが、今はウソのように全快!した。

0316-1


久しぶりに?外出してみた。
自然のサイクルは正確に回っていた。
椿、水仙、花モクレンが早くも咲きだした。
短い散歩だが風景も新鮮な感じに映った。
土の匂いがして犬のようにくんくんと鼻を鳴らす。
この雨のせいで桜の開花も早くなるとか。
鼻が利くようになったのは風邪が治った証拠。
腹がグーと鳴ったのでこの日は早めに散歩を終わらせ、
家に帰ってレトルトカレーを食べた!
近ごろの物は旨くなっている、良いことだと思う。

0316-2


そういえば前回のブログに今村太平氏の『イタリア映画』を紹介した。
また読み返してみると面白い事に気付いた。
本の奥付(表3)に著者の検印が貼り地けられていた。
「書籍の著者が発行部数を確認するために
紙の小片に著者の印章を押印して、奥付に添付していた。
現在では出版社と著者が契約書で合意して
検印省略・検印廃止となっている」

0316-4


発行年度は昭和28年、定価100円。
今の物価では1,500円(推定)ぐらいか?

0316-5


とにかく映画の理論書、
しかもイタリア映画とあっては特殊ジャンル。
当時先端の理論書であったようだ。
特別売れるものではなかったろう。
それにしても内容はそうとに力作で良い。
その頃、西欧の映画理論と言えばソビエト映画論が全盛だった。
プドプキン、S・エイゼンシュタイン映画史に残る巨匠たち・・・。
今村氏の功績はイタリアンネオリアリズムの紹介だった。

0316-3


今、手元にこの本を見ていると60年あまりの歴史の重みがある。
黄ばんでいて、戦後間もないものなので、
紙質も悪く、よく現在まで生きながらえてきた!なんという幸運なのか。

学生時代に出会って今までわたしの傍にいてくれたのだっから、
何よりも得難い財産のひとつなのだろう。
これからも大事にしなくてはとつくづくく思った・・・。

0316-6


熱も引いた頃に読みかけのミステリーを開く。

『霜の降りる前に』ヘニング・マンケル著 柳沢由実子訳 東京創元社
一挙600ページ余り(上・下巻)を読了。
久しぶりのH・マンケルの刑事ヴァランダーシリーズもの。
今回はほぼ娘のリンダが主役の様な展開。
刑事と娘の相克、何時しか彼女は警察学校を卒業。
あと何日かで父のいるイースター署に赴任することが決まっていた。
そんな時彼女の友人アンナが謎めいた失踪。
かなり前に家を出て行ったパパに出あったという・・・。
母親は何か隠しているようで、その件は語らない。
謎の宗教団体による殺人事件、教会への放火。
キリスト教がらみの反宗教者、殉教という名目のテロリズム。
事件は大きな謎に包まれたまま
イースター署の見習い警官リンダも巻き込む・・・・

かなりの力作!一気読みしたのだった。(Fuu!)

0316-7


この後のシリーズは娘のリンダが完全に主役予定?
前回も話したがヘニング・マンケル氏は
享年67歳で昨年無くなってしまった。

残念至極!!

さあ!もういい加減暖かい春になっておくれ。
「暑さ寒さも彼岸まで」と言うじゃない!

0316-8


toho_sakuma at 17:00 この記事をクリップ!

2016年02月24日

2月24日(水)今日は朝から真冬の様な寒さ。おまけに風も身を切るように冷たい。もうすぐ3月の声を聴くと云うのに、この頃のお天気はクルクル変わるようだ。

0224-7

こう寒いと私もそうだが家の犬も、
散歩の途中で「もう帰ろうよ!」なのだ。
短毛種ゆえ暑さ寒さに極端に弱い。
まして年をとってから自分の意思をはっきり主張するようになった。

先日、居間でボンヤリ新聞を読んでいたら、
窓のカーテンにハエがとまっていた。
「冬の蠅」 か・・・。

0224-2


学生時代に良く読んだ梶井基次郎の小説 『冬の蠅』 を思い出す。
昭和の初期、重度の結核を患っていた主人公の話。
温暖な場所で治療のため長逗留している主人公が、
座敷障子に止まっている冬の蠅にわが身の病鬱と倦怠感を重ねる。
当時結核は死の病と言われており、ジッとして動けない自分。
同じように日光浴をしながら活動しないハエをダブルイメージしていく。
終いには健康のシンボル、太陽光さえ憎んでしまう。
そして蠅は居なくなり、主人公には返って暗い生への情熱が・・・。

0224-3


名作 『檸檬(レモン)』 の作者の作家としての冷徹な眼差しがここにもある。
鬱屈とした自分の魂を本屋に檸檬を爆弾にイメージして置いて去る。
彷徨える自分の想像上の開放感はどれほど凄いか!

そして梶井基次郎全集を揃えるために、
2か月アルバイトに励んだ。(古本だったがとても高かった)
青春期の鬱々とした気分を癒してくれた作品だ。
わたしは彼の無駄なく、透明度の高い文体が好きだ。

そんな訳で彼の本はいまでも机の周辺に存在している。

話は少し変わるが、
北欧ミステリー 『ミレニアム 4』 の紹介をしたばかりだが、
もう一人、スウェーデンの作家ヘニング・マンケル氏が亡くなっていた。
どうりでここ2〜3年新訳がでないはずだ。
今回は刑事ヴァランダーのその娘が刑事になり事件を解決すると云う。

0224-4


このシリーズ初めから邦訳された作品は読んでいた。(創元推理文庫)

スウェーデンの田舎町イースタ署の中年刑事が主人公。
離婚され、娘にも好かれていないサエない中年男だ。
いみじくも邦訳者の柳沢由実子氏が、
日本の中年読者が多いのは。
藤沢周平氏の時代小説を読む層に支持されたのではと言っている。
確かに一理ある気がするが、あの福祉国家が、
グローバル化していく中で今までにない問題を抱え込んでしまい、
事件が複雑怪奇なものになって解決しても割り切れない感情が残ってしまう。
移民、なんみん、ネオ・ナチズム問題・・・(今や世界共通問題?)
シリーズの中でも、
『殺人者の顔』 『目くらましの道』 『タンゴステップ』 が好かった。

10何年にわたって興味深く読ませて頂いたヘニング・マンケル氏に感謝。
そして合掌・・・。

いま日本ミステリーで旬なのは米澤穂信氏。
先週 『王とサーカス』 を読み終えた。
ネパールという異邦で国王が殺される事件に遭遇する主人公。
・・・街の描写、報道する側とされる側の乖離は非情だ。
事件は全く違う方向に進展していく・・・。(面白かった)

0224-5


寒い日々はミステリーを読んで過ごすのが一番かな。

先週のブログ浅川マキさんの写真余りにもぼやけていたので、
撮り直しました。
そして久しぶりに 『裏窓』 を聴く。

0224-6


作詞 寺山修司

♪裏窓からは 夕陽が見える
 洗濯干場の梯子が見える

 裏窓からは 
 より添っている ふたりが見える

 裏窓からは 川がみえる
 暗いはしけの音が聞こえる

 裏窓からは 
 ときどきひとの 別れがみえる

・・・・・・・・

今夜は30年前のOB達とのあつまりがある。
久しぶりなので皆さんと会うのが楽しみだ!

0224-1


toho_sakuma at 17:00 この記事をクリップ!

2015年04月22日

4月22日(水)今年は何回も春の嵐が吹きすさんで、今日あたりから、ようやく本格的な春の訪れ。いやというほどの雨と風。そして寒さもあって本当に不安定な4月でした。

0422-1


先週末、東京・六本木の国立新美術館に行く。
3月末からの「マグリット展」を観る。
何せ13年振りの大回顧展とあって賑わいもひとしお。

ルネ・マグリット(1898〜1967)ベルギーの国民的画家。
展示は彼の活動を4期に区分してわかりやすい展示だ。
1920年代はシュルレアリスム、とくにG・キリコの影響が大きい。
30年代に入ると現実にはありえない不思議な情景で、
日常に潜む白昼夢の様な光景を描写、
独自の世界観を獲得する。

0422-2


私は今回のポスターにもなっている『ゴルコンダ』(1953年)も好きだ。
黒いコートの神士が
青空をバックにした建物の周りに
無数に浮遊している無重力・無時間の様な絵だ。
不気味・不可思議〜ユーモラス。
見方を変えれば先の戦争で降ってきた焼夷弾の無数の雨粒・・・。

0422-3


ある日あるときの日常Aを切り取って、
全く違う空間Bにおいてみると
そこに異化作用が起きて視る者が眩暈のような気分になる。
シュルレアリスムの代表的な転位・置換(ディペイズマン)手法だ。

暖炉から突然の様に煙を吐いた機関車が出現!
アッと驚くような組み合わせ、まさかの光景。
それが彼の絵ならではの構成と描写力なのだ。
一瞬の夢、無限の未知の空間に迷い込ませる。

0422-4


私たちはいつも見慣れている日常の光景にかこまれている。
それが視点や対象物をずらしたり変えたりすることで、
マグリットの絵画空間が現出するのだ。

マグリット大好きの私は前回の展覧会で
『光の帝国』1954年を買い、
そのポスターを玄関に飾っている。
前面の建物周辺は夜部屋には明かりが付いていて街灯も灯っている。
しかし背景の青空は昼間。
今度は時間の転位なのだ。
同じ絵画空間に異時間が併存している。
はじめて視た時にはそれほど違和感が無かった。
それは何故だろうか?
おそらくずーっと以前にそれに近い光景を見たせいなのか。
例えば秋の夕刻早くも灯がともっているのに、
まだ残照があって、秋空が一瞬青いまま・・・。
ほんの数分の、数秒の逢魔が刻に似ているかも。

0422-5


この『光の帝国』は晩年までマグリットのテーマだったらしい。
7枚位この絵画のバリエーションがあるようだ。

今回は『ゴルコンダ』のポスターを購入。
何処に飾ろうかと悩んでいるのだ。
こんな悩みなら、いつでもやってこいと思う!

OBの皆さんもお忙しいなか何か固有の楽しみをお持ちでしょう。
それらが現在やこれからの生活を楽しくやれる一つの縁(よすが)になれば、
内面も豊かになって行くかも知れませんね・・・。

0422-6


toho_sakuma at 12:00 この記事をクリップ!

2015年02月25日

2月25日(水)日の暮れも伸びてきて、これからは三寒四温。はやく温かい春になればと思うこの頃です。

0225-1


詩人であり名翻訳家の岩田宏さんが亡くなった
・・・・・・・・・・・・・

『いやな唄』

あさ八時
ゆうべの夢が
電車のドアにすべりこみ
ぼくらに歌ういやな唄
「ねむたいか おい ねむたいか
眠りたいのか たくないか」
      ・
      ・
      ・
無理なむすめ むだな麦
こすい心と 凍えた恋
四角なしきたり 海のウニ・・・・・

岩田宏詩集から

0225-2


オマエはいったいどうしたいののか?
判断を迫られる現代人のひとつの解。
それはすぐに決断をしない。
態度保留も有りなのだ。
哲学で言う「エポケー」判断停止状態。
日常私たちはそんな局面に立たされる。
人の世はゲームではないので、
すぐに選択を迫られても困ることがままある。
白黒を、決着をすぐにつけなくてもよいのでは。

・・・ならば四角なしきたり 海のウニと
軽く韻を踏んで言葉遊びでピョンと飛んでみたら
私はそんな風に思って読んでいた。

0225-3


翻訳者としてはSF、ミステリーを数多く訳した。
いずれも名訳。
SFではレイ・ブラッドベリ『火星年代記』『刺青の男』など
ミステリーではミッキー・スピレインやロスマクドナルド。
ロスマクの『さむけ』や『縞模様の霊きゅう車』など。
ときには原作を超えているのではと言うほど秀逸。
学生時代から詩や訳文でお世話になった・・・合掌

0225-4


それにしても「ことば」は奥が深い。
目の前に無くても言葉で言い募ることが出来る。
「非在の現前化」
文化人類学者 レヴィ=ストロースは
その著書『悲しき熱帯』などで、
われわれは決して文明人ではない。
なぜならこの島では同一の小鳥の名前が20以上もある。
卵の時、雛の時、成鳥前など細かく名付け分類して呼んでいる。
かくも豊かに言語表現をしているのだ。
未開などと言うべきではないのだと。

大事な言葉がすれ違わないように、
詩人の役割は大きい。
アルファベットには色があると云ったのは
フランスの詩人A・ランボーだった。
ことばは記号的な側面も持つが、
単なる道具やメディアではないはず。
初めに言霊ありき。

実に奥深い世界だ。

今日もどこかで言葉と格闘している詩人が入る筈だ。

0225-5


toho_sakuma at 17:00 この記事をクリップ!

2015年01月28日

1月28日(水)東京、昨日は春陽気。今日は一転して冬に逆戻り異常気象の影響か。三寒四温が早めに来ている?アメリカ西海岸の異常気象で大雪とか・・・

0128-1


I AM KENJI

ネットにこのボードが多数載せられている。
平和の為活動するジャーナリストを救うキャンペーン。
彼の無事を祈らずにはいれない。

宗教・文化・・・植民地支配、戦争、テロ。
人間は同じ過ちを繰り返し、
次世代に負の遺伝子を残してはいけない。
本当に人類は進化しているのだろか。
異常気象が長期に続いただけで、
もしかしたら「理不尽な」絶滅があるかも。
なんとも人類は危うい種族。
それでも同じ種族が憎しみ合い殺し合うとは。
穏やかに生きてゆく道を説く宗教は無力なのか・・・。

わが家のワンコもこの季節少し太め。
近所の河川敷を長めに散歩。
この放水路は荒川の分流。
この寒さでも釣竿を何本も立てたオジサンたちがいる。
時折、川のなかほどでは大きな奴がジャンプする。
たまに1メートルぐらいの草魚らしき獲物があるらしい。
完全防寒の釣り人を観ながらワンコと早足で駆け抜ける。
太めの彼と自分の為にもと続けようと思う。

0128-2


今年は新年会が多い年になった。
先週は2回。
学校の新年会と業界のそれに出席。
会場の西新宿の京王プラザからの眺めは雄大。
コクーンタワーが眼下に。
何時も見上げているから変なイメージ。

一般社団法人 日本音楽スタジオ協会の賀詞交歓会。
TOHOも音響専門学校が加わっている。
TOHOはここでも資格試験を立ち上げた実績がある。
今年は若手中堅の職員がこの会からデビュー。
和田先生と阿部先生だ。
お二人は本校のOB、両人とも結婚され幸せそうだ。
学生だったころ以来のお付き合い。
20数年たった筈、これからTOHOを背負う筈。
頑張ってください!

0128-3


学校は50年たってようやく一人前として見られる。
なんと長いストロークなのか。
教育内容・教師・OBなどが何時も見られている。
継続は力というが、無事これ名馬。
多くの卒業生に支えられ歴史と伝統が築かれる。
ガンバレ!教職員の方々。
われわれ職員OBも常に見守っている。
良きTOHOのDNAを磨いて生き抜いて欲しい。
50年100年と良き歴史を紡いでいくことなのだから。

0128-4


toho_sakuma at 17:00 この記事をクリップ!

2015年01月07日

1月7日(水)新年が明けてもう一週間が過ぎました。OBの皆さんはお変わりなく穏やかな年を迎えられたでしょうか?今年は未年メイ、メイとゆっくり焦らずかな?

0107-1


今年の干支(えと)は乙未(きのとひつじ)。
羊たちが日長草を食むように焦らずゆったりかな・・・。

今日は七草、近くに早くも「春の七草展」の催しがあり訪ねてみた。
そういえば近所のスーパーで七草セットが売り出されていた。
「セリ ナズナ ゴギョウ ハコベラ 仏の座・・・」
なんか情緒風情がある言葉たち。
子供の頃に覚えた一連の名称、詠うように覚えている。
本来朝粥なのだが夕飯にでも良いかな・・・。

0107-2


昨晩は学生時代の仲間との新年会。
場所は懐かしい阿佐ヶ谷。
学生時代は中野、阿佐ヶ谷、高円寺、荻窪・・・。
地方出身の仲間は中央線沿線に下宿が多く、
私自身も良く泊まりがけでお邪魔したものだ。
その頃はコンビニも無く
夜中に腹がすいて困ったことが多かった。
何故か議論が伯仲すると大きな声になり、
薄い壁の隣の住人(学生)から文句があったり、
話の内容に共鳴したお隣さんと俄かに友人になったり。
やはりその時分のテーマは
「体制・反体制」「政治」「日本の未来」。
食べ物はもちろんタバコも酒も切れて明け方を迎える。
そのままアルバイトに・・・そんな日々が懐かしい・・・。

あれから50年以上も同じメンバーと年一度会うことにしている。
今回は北海道や三重県からこの会の為に参加。
あの頃と皆キャラクターが変わっていないのが嬉しい。
会話の内容は「病気自慢」「早く逝ってしまった仲間たちのこと」「夏合宿」等など。
近頃はそれがオープニングトークだ。
3時間あまりの「生存確認会!」がお開きとなり、
二次会は喫茶店だ。皆大人しくなったものだ。
阿佐ヶ谷駅前 午後10時解散。
「会えるうちに会おうぜ!!」まさに真理なのだ。
半世紀も付き合ってくれる仲間たちに感謝だ。お互いに。

OBの皆さんも元気でいればそんなシチュエーションがあるかもしれない。
何故か同時代を何とか生きてきた仲間たち。
自分を含めて愛おしいと思う。
それぞれにいろんな問題やら何やらを抱え、
それでもなぜか集まってしまうことの不思議さ。
「生存確認」は決してきつい言い方ではない。
この頃はこの言葉にうっすらとユーモアすら感じるのだが・・・。

ことしも拙いブログを続けようと思っています。
映画 文学 ミステリー SF 美術館 散歩 TOHO・OB・・・。
テーマはいろいろですが気に入ったら読んでください。
今年もよろしくお願いします!

0107-3





toho_sakuma at 17:00 この記事をクリップ!

2008年01月18日

1月18日

東放学園音響専門学校の
「鳥類・写真のセミプロ」関先生の傑作写真。

今年も頂きましたのでお披露目します。

1-16川鵜
<川鵜>






1-16鷺
<鷺>

toho_sakuma at 11:00 この記事をクリップ!
最新記事
Archives
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)