東放学園

TOHO会

TOHOKAI
東放学園同窓会のためのTOHO会へようこそ!
今日も絶好調

2017年04月26日

4月26日(水)やっとなんとなく春らしくなってきました。入学式、入社式が終わるとすぐにゴールデンウィークが始まるまた働き蜂たちの民族大移動が始まる!

0426-1


今年は花が咲くのが例年より早い。

何時もの散歩道にフジの花が満開だ。
少し前までただの枯れ木だったのにいつの間にか
それは見事に咲き誇っていた。
その藤色の花房が風のそよぎに任せ揺れている。
初夏のような陽光に匂い立つ佇まい。
散歩の足を止め、しばしたたずむ。
人影もない昼下がり、一人で味わう贅沢なひと時。

0426-2


こんどは亀戸天神のフジを観に行こうか。
帰りに舟橋屋の名物くずもちを食べようか。

某国のミサイルが飛んでこないのを祈る。

0426-3


先日知人から一冊の本を借りた。
『〆切本』 左右社編集 蟶険社。
いわゆる〆切に今昔の文人、文豪が四苦八苦する様。
はがきや手紙に残したものを集めた、
いわば「言い訳本」だ、彼らの名前を挙げると。

志賀直哉、吉川栄治、菊地寛、梶井基次郎、太宰治、
大岡昇平、山口瞳、筒井康隆、浅田次郎、大沢在昌・・・・。
錚々たるメンバーがそれに四苦八苦する様が面白い。
要するに何故〆切に間に合わせようとしないのか、出来ないのか、
理由は様々だ、そして曰く。
「ふがいない事に、いつまでも情熱が起きません」
「鉛筆を何本も削ってばかりいる」
「用もないのに、ふと気がつくと便所に這入っている」
「二十分とは根気が続かない」・・・

0426-4


かくいう私も昔から試験直前や締切り直前に慌てるタイプ。
40年ほど前ラジオの台本を書いていた頃を思い出す。
月〜金の5分帯番組の構成だった。
取りかかるのは何時も前日の夜中。
それまではよせばいいのに本を読んだり、爪を切ったり。
余計なことを全部やりつくして、他にすることが無い状態で、
ギリギリ切羽詰まった状態で取りかかっていた。
何時も計画性を持って取り組めば良いのに。
今考えるても冷や汗ものだった・・・。

人生に締め切りはどんな形であるのか?!

プロの物書きにならなくて良かったとつくづく思った。
ちなみにこの本は大分版を重ねているようだ。

0426-5


話変わって。
先週、何年かぶりで新宿の「思い出横丁」にいった。

たまにはSの店で飲もうぜと学生時代の友人の誘い(3人集まった)
今は亡き学生時代の友人のもつ焼き屋で飲む。
ここだけ終戦後の西口の面影が残っている。
昔は、よほどの通人しか立ち寄らない通りだった。
先先代の主人は注文を受けると焼場のそばにある伝声管で、
二階のくし刺し場にオーダーする。(彼は潜水艦乗りだったらしい)
何を食べても鮮度が抜群に良いので、何時も満員。
今店は亡き友人の弟さんが継いでいる。
この頃は外国人観光客の見学コースになっている。(新宿二丁目も)
私たちが飲んでいる後ろを沢山通っていた。
まだ学生時代にはこの一帯はヤクザ抗争の中心地だった。
今はそれは無いが昼なお暗き細い路地に隙間なく煙を出している。
いまに文化遺産として登録されたりして!(それは無いか)

0426-6


OBの皆さんの住む町にも古き昭和が残っているのかしら。
東京は何時もビルド&クラッシュが烈しい街。
光り輝くものばかりで一杯にするだけでは良くない。
光と影が上手く織り成して欲しいものだ。
その日は東京在住の同窓生3人の会になった。

0426-7


toho_sakuma at 18:29風景 | 書籍 この記事をクリップ!
最新記事
Archives
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)