東放学園

TOHO会

TOHOKAI
東放学園同窓会のためのTOHO会へようこそ!
今日も絶好調

2016年03月30日

3月30日(水)今日は朝から気温が高い。いよいよ春ですね!一昨日は雹が降ったりですが。花見や入学式、と4月は何かと慌ただしい時期。今週末は桜満開の様だ。

0330-1


突然だが、待ち焦がれた展覧会が来た!
17年も待ってしまった!
(前回は1998年 東京都庭園美術館)

0330-2


ジョルジョ・モランディ(1890〜1964 イタリア)展・「終りなき変奏」。
20世紀美術史でも注目されている画家である。(ピカソと正反対の地味さ)
何の変哲もない瓶や壺などの静物画を中心に、ただただ自己の画風を追求。
静寂と平穏な画面を淡々と、まるで中世の修道僧の様な生き方を貫いた。
イタリアの片田舎ボローニャの
薄暗いアトリエに閉じこもり特定の流派には属さず
孤立無援・孤高性を保ち続けた。

0330-3


同じ対象(瓶や壺)の作品も。
それらを少しずつ動かして描いている連作がある。
この展覧会のテーマ「終りなき変奏」である。
同じ対象を少しずらすことによって
「物たち」はそれごとに異なった表情を見せる。
微妙な光の調子、色彩、陰翳、タッチが変化していく。

0330-4


5年前の震災の影響で予定されていたこの展覧会が中止になってしまった。
仕方がないか、という気持ちと残念という感情が複雑に入り混じった。
その間、画集を買ったりして「もう当分開催は無い?!」と諦めていたのだが、
実物の絵画に出会えた喜びは大きい!

0330-5


ドキドキ、ワクワクもので
東京駅の東京ステーションギャラリーに出向いた。
駅中にしてはとても立派な美術館。

0330-6


展示は機?とセクション別にして分かりやすい。
初期はセザンヌやG・キリコの影響を受けたと云う。

グレーと乳白色・肌色の様な背景に同系色に近い静物。
良く見ると輪郭線が背景に溶け込むように震えているように見える。
細部の書き込みが凄く細かく繊細だ。
物の存在の危うさを問うているかのようだ。

0330-7


一方、水彩画では江戸時代の禅僧・画家、仙崖にも通底するような枯淡なタッチ。
単純なフォルムで形を超えた何かを表現する禅画。
物の表面に現れている形は虚であって、真ではない。
その仮象のうちに在る気配を見抜き
描いていくことに意味があると言われている。

物の存在が危うく壊れそうなくらいの瞬間ーーー。

宗教の相違なのか。
東洋は生々流転と言い(物事の移ろいのさま)
西洋は存在の意義。(神が創った堅固なもの)

G・モランディはもしかしたら、
果てしなく対象を微分して東洋的な「無」に近づき過ぎたのか?

アトリエの静物たちは充分に埃がかかるまで待たされたと云う。
そこは果てしなく孤独な時間と空間の密度が濃厚だった。

0330-8


G・モランディの言葉。
「本当に理解するためには、多くの物を見るのではなくて、
見えているものを懸命に見ることが必要だ。」

もう一度展覧会に行って(4月10日まで)
それから散りゆく桜を見ても好いなと想う・・・。

0330-9


toho_sakuma at 17:00美術館 | ご紹介 この記事をクリップ!
最新記事
Archives
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)