東放学園

TOHO会

TOHOKAI
東放学園同窓会のためのTOHO会へようこそ!
今日も絶好調

2015年04月15日

4月15日(水)東京、今年は冬から雨が多い。今度は春の長雨、菜種梅雨。寒い春が過ぎて亀戸天神の藤、ゆったりと風にそよぐ姿を観たいものだ。

0415-1


この間、調べものがあったので、
近所にある区立の図書館に行く。
閲覧室は何時も新聞や雑誌を見るオジサン達で一杯。
なかにはこっくりこっくりと気持ちよさそうにしている人も。

この頃は調べたい本はコンピュータの端末で検索。
紙のカードをめくって探していた頃ははるか昔のこと!
目当ての本がある書架にたどり着くと微かに古書の匂い。
相当古い本で紙は黄色からさらに違う色に褪色していた。
開いてみるとさらに匂いが強く、
しばらく借り手がいなかったのだろう。
まさに古書店の匂いが立ち上ってきた。

0415-3


私が学生の頃フランスの映画監督アラン・レネの作品で、
パリの国会図書館を撮った短編ドキュメンタリー映画
『世界の全ての記憶』を思い出していた。
何百何千万冊に及ぶ書籍の集積所は、
まさにあらゆる記憶の
デパートメントストアなのだろう。

私が読書に目覚めたのは小学校の図書館。
夢中になって読んだ初めての全集は江戸川乱歩。
『怪人二十面相』『少年探偵団』シリーズだった。
『青銅の魔人』『怪奇四十面相』・・・。
閉館まで夢中になって読み耽っていた。
夏休みは閉館なので街の貸本屋で続きを借りた。
その後、乱歩の”大人物” 『人間椅子』『淫獣』・・・
耽美的エロスの世界を小学生が読んでいたのだ。
相当ませた子供だったのだろう。
解らないなりに興奮していているのが解って
自分で恥ずかしいと思い周りを見渡してしまった。
今考えると何か切ない思い出だ。

0415-4


本と言えば20代の終わりの頃、実家からTEL。
母が「あなたの部屋の押入れの本が重くなって、床か抜けそう!」
慌てて行ってみるとその重さで床がたわんでいたのだ。
何でもかんでも、実家の押し入れに入れっぱなしはNGだ。
急いで古書店を呼んでまとめて買ってもらった。
今から考えると結構貴重な本もあったはず・・・。

学生時代から古書店さんとのご縁は深い。
アルバイト代を全部はたいても買えなかった『梶井基次郎全集』。
訳を話してしばらく取っておいて貰った。
そこまで苦労して買ったものを訳があって売ってしまった。
これもまた切ない想い出として甦る。

その古本屋には白と黒の二匹の猫がいて、
自分の場所を決めて何時も寝ていた。
店主は老眼鏡をズリ下げ眼で挨拶を交わすようになった。
そして店内は古本独特の匂いで溢れていた。
iPADからは匂いの記憶は立ち上がらない。
(古書店のオヤジになるのも悪くない・・・)

今はもう街の古書店はほとんど見かけない。
これも時代の流れかと思うと寂しい気持ちがする。

0415-5


そいえば昨年、神田神保町の古書店街をブラブラした時
何時も立ち寄る映画・演劇・芸能関係専門の古書店に行く。
その頃一生懸命に探していた『安藤鶴夫作品集』朝日新聞社全6巻。
たまたま店員さんにそれを訪ねたら、
「もしかしたら出回ることがあるのでメールアドレスを」とのこと。
期待しないでいたところ2ヵ月後に、
「ありました。お買いになりますか?」とのメール。
予想をしたよりずいぶん安く、揃いの全集が届いた。
ネットの半値ぐらいの価格だったのだ!嬉しい!!

安藤鶴夫〜1908−1969。『巷談本牧亭』直木賞受賞作。
芸能評論家・小説家、生粋の江戸っ子。
その文章はケレン味が無く淡々と語る。
全集はその時買いそこなっていたものの古本。
特に落語に、語り口に深い洞察と想いを持っていたのだ。

今それらを少しずつ読んでいる

0415-2


年を重ねると時には良い縁に巡り合うこともある。
年若いOBの皆さんも今まさに時代の真ん中で、
巡り合っていることがその人だけの出遭いや出来事。
そののちに、良い記憶や思い出として
貴重な宝物となる日が
きっと誰にでも訪れる時が来るのだから・・・・!

毎日毎日が貴重なひと時の積み重ねであるように。

0415-6


toho_sakuma at 12:00書籍 | 映画・TV この記事をクリップ!
最新記事
Archives
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)