東放学園

TOHO会

TOHOKAI
東放学園同窓会のためのTOHO会へようこそ!
今日も絶好調

2016年02月

2016年02月24日

2月24日(水)今日は朝から真冬の様な寒さ。おまけに風も身を切るように冷たい。もうすぐ3月の声を聴くと云うのに、この頃のお天気はクルクル変わるようだ。

0224-7

こう寒いと私もそうだが家の犬も、
散歩の途中で「もう帰ろうよ!」なのだ。
短毛種ゆえ暑さ寒さに極端に弱い。
まして年をとってから自分の意思をはっきり主張するようになった。

先日、居間でボンヤリ新聞を読んでいたら、
窓のカーテンにハエがとまっていた。
「冬の蠅」 か・・・。

0224-2


学生時代に良く読んだ梶井基次郎の小説 『冬の蠅』 を思い出す。
昭和の初期、重度の結核を患っていた主人公の話。
温暖な場所で治療のため長逗留している主人公が、
座敷障子に止まっている冬の蠅にわが身の病鬱と倦怠感を重ねる。
当時結核は死の病と言われており、ジッとして動けない自分。
同じように日光浴をしながら活動しないハエをダブルイメージしていく。
終いには健康のシンボル、太陽光さえ憎んでしまう。
そして蠅は居なくなり、主人公には返って暗い生への情熱が・・・。

0224-3


名作 『檸檬(レモン)』 の作者の作家としての冷徹な眼差しがここにもある。
鬱屈とした自分の魂を本屋に檸檬を爆弾にイメージして置いて去る。
彷徨える自分の想像上の開放感はどれほど凄いか!

そして梶井基次郎全集を揃えるために、
2か月アルバイトに励んだ。(古本だったがとても高かった)
青春期の鬱々とした気分を癒してくれた作品だ。
わたしは彼の無駄なく、透明度の高い文体が好きだ。

そんな訳で彼の本はいまでも机の周辺に存在している。

話は少し変わるが、
北欧ミステリー 『ミレニアム 4』 の紹介をしたばかりだが、
もう一人、スウェーデンの作家ヘニング・マンケル氏が亡くなっていた。
どうりでここ2〜3年新訳がでないはずだ。
今回は刑事ヴァランダーのその娘が刑事になり事件を解決すると云う。

0224-4


このシリーズ初めから邦訳された作品は読んでいた。(創元推理文庫)

スウェーデンの田舎町イースタ署の中年刑事が主人公。
離婚され、娘にも好かれていないサエない中年男だ。
いみじくも邦訳者の柳沢由実子氏が、
日本の中年読者が多いのは。
藤沢周平氏の時代小説を読む層に支持されたのではと言っている。
確かに一理ある気がするが、あの福祉国家が、
グローバル化していく中で今までにない問題を抱え込んでしまい、
事件が複雑怪奇なものになって解決しても割り切れない感情が残ってしまう。
移民、なんみん、ネオ・ナチズム問題・・・(今や世界共通問題?)
シリーズの中でも、
『殺人者の顔』 『目くらましの道』 『タンゴステップ』 が好かった。

10何年にわたって興味深く読ませて頂いたヘニング・マンケル氏に感謝。
そして合掌・・・。

いま日本ミステリーで旬なのは米澤穂信氏。
先週 『王とサーカス』 を読み終えた。
ネパールという異邦で国王が殺される事件に遭遇する主人公。
・・・街の描写、報道する側とされる側の乖離は非情だ。
事件は全く違う方向に進展していく・・・。(面白かった)

0224-5


寒い日々はミステリーを読んで過ごすのが一番かな。

先週のブログ浅川マキさんの写真余りにもぼやけていたので、
撮り直しました。
そして久しぶりに 『裏窓』 を聴く。

0224-6


作詞 寺山修司

♪裏窓からは 夕陽が見える
 洗濯干場の梯子が見える

 裏窓からは 
 より添っている ふたりが見える

 裏窓からは 川がみえる
 暗いはしけの音が聞こえる

 裏窓からは 
 ときどきひとの 別れがみえる

・・・・・・・・

今夜は30年前のOB達とのあつまりがある。
久しぶりなので皆さんと会うのが楽しみだ!

0224-1


toho_sakuma at 17:00書籍ご紹介 この記事をクリップ!

2016年02月17日

2月17日(水)このところ東京の気温の乱高下はすさましいものだ!一日の中で20度近く温度差があり何か別の国に行ったようだ。身体がついて行けそうもない!

0217-1


先週末、TOHO学園関係の知人たちと会食。
新宿の歌舞伎町に集まった。
何年かぶりの歌舞伎町。
街はすっかり綺麗に、明るく様変わりしていた。
折から中国人観光客も大勢!

0217-2


学生時代から行きつけの街。
そしてTOHOの職員や学生さんとも夜な夜な通ったところ、
当時は学園祭が終わると各クラブ(部活)の打ち上げと称して、
明け方まで飲み明かしたものだった。
始発電車を待つ間、祭り、宴のあとのえもいえない疲労感、空虚な時。
路上ではカラスたちが残飯をついばんでいた・・・。
花園神社あたりはアングラ演劇の名残りがあったようだ。
赤テント、黒テント、状況劇場・・・。
おどろおどろしく、何が飛び出すかわからないスリリングな演劇。
町全体が猥雑・混沌として危うく、そして面白かった。
街に強烈な匂いが充満していた。

0217-4


またある時はライブのJAZZを聴きにピット・インに、
今は亡き浅川マキのブルースにハマっていた頃。
何時も彼女はライブには酔っぱらって遅刻。
♪かもめ♪ ♪夜が明けたら♪・・・JAZZ、ブルースの名曲たち。
今でもなにげに聞くと圧倒的な歌唱力と際立った孤独感の表現力は凄い!
ジャパン・ブルースを感じさせる人物と思う。

0217-3


また西口の想い出横丁(通称ションベン横丁)は終戦直後よりいまだに健在!
薄暗く、細長い路地にもつ焼き屋が何軒も軒を並べている。
親・子・その孫までその客層はいまだ健在のようだ。
その横町の真ん中ぐらいにある店Sは学生時代の友人が親子兄弟でやっていた。
なかなかの繁盛店でいつもも空き席待ち。
煮込みと生レバが人気。
そして梅割りと称する強い酒(焼酎カクテル)が人気。
しかし、この店のルールは梅割りは三杯までと決まっていて、
それ以上だと強制的に還らされてしまう。(オヤジさんも息子も怖かった)
今でもそうなのだろうか?
その友人も逝ってしまって久しい、まだこれからだったのに・・・。

若い頃の色々な思い出が一瞬に甦る。
想いで多き街だ。
しかし時代も人も街も変わって行く。

0217-5


その夜は美味い酒と鳥料理をいただく。
そして〆はかの辛いラーメンで昔(20〜30年)よく通った。
「オロチョンラーメン」店、オロチョンとは勇敢と言う意味らしい。
(店の雰囲気は変わっていなく)激辛に挑戦せよとの意味かナ。
辛いラーメンの元祖的な存在で今も人気だ。
わたしはその夜はあえてそれを避け「利尻ラーメン」にする。
本当に久しぶりの入店で感激したのは、
誘って頂いた粕谷さんも同じ感想。

TOHOの古い期のOBである彼は学園に先生として残り(放技卒)、
今は事務職のトップとしてご活躍。
そして学生時代からハンサム。この夜はソフト帽子。
ダブルのトレンチコートでエラク恰好が良い!

0217-6


街は変化する。
その明るさも昔のネオンではなくデジタルなもの。
懐かしい時代の陰翳を無くそうとするかのように、
やけに、平板にただただ明るいのだ。
それゆえ何かのっぺりとしていて不気味な感じ。
世界屈指の不夜城なのは良いが・・・。

「昭和は遠くなりにけり!」かも。

0217-7



toho_sakuma at 16:00東放学園東京 この記事をクリップ!

2016年02月10日

2月10日(水)今日も朝からピーカン、陽ざしが眼に痛いほど。風も冷たい、それでも今年は温暖化のせいか少しずつ春めいた予感する。

0210-1


昨日、神田神保町で開かれた講習会で懐かしいOBに巡り合った。
熊田辰男(30年前の放芸卒)さんだ。
顔立ちが昔とほとんど変わっていない。
いまや番組プロダクションのお偉いさん。
CX(フジ)系番組のプロデューサーで活躍の様子。
変化の多い放送業界で生き抜くのは大変なことだ。

0210-2熊田OB


そして一週間前、やはり30年以上前の卒業生、
野村秀夫さんが相談事があると云う事でお会いした。
もう今年還暦を迎えるとの事。

0210-3野村OB


TOHOの前身は西新宿の明宝ビルの仮住まいだった。
彼もその時代の卒業生。
まだ西新宿は大きなビルや建物も少なく、
のんびりした場所だったネと昔話に花が咲く。
その頃の私はコワモテで話仕掛けるのも躊躇われていたようだ。
「とても怖かった・・・!」との弁。

その夜帰宅したら卒業生からきれいな花籠が届いていた。(誕生日プレゼント)
「いつものA組」のみなさん毎年有難うございます!

0210-4


こうしてご縁がつながって行くのは何とも嬉しい限り。
初期の卒業生が定年を迎えようとしている。
学園も平成生まれの新入生を迎える時があり、
「へー!そうなんだ」と教職員の反応。

学校の大事な役割は先ず無事に継続すること。
親子何代にわたってTOHOに入ること。
つねに良質な学校環境であること。
などなど・・・であって欲しい。

話は変わるがこの間、ついに『ミレニアムぁ戮鯒磴辰討靴泙Α
文庫化まで待てそうもないので上下巻2冊だ。
本屋に入る度、平積みになっていて誘われていた。
帯がなんとも仰々しいが、まァいいか。
前作者は亡くなっているがその続編はスティーグ・ラ―ソンから。
ダヴィット・ラーゲルクランツに引き継がれた。
まだ上巻の途中までだがラ―ソンの重厚さが足りないが、
プロットワークが巧妙になっている気がする。(ネタばらしはしない)
面白く読んでいる最中!

0210-5


近年スウェーデン発や北欧(アイスランド発も)ミステリーが人気だ。
かなり前(40年位前か)スウェーデン・ミステリーに出会った。
かのマルティンベックシリーズ
『笑う警官』ペール・ヴァール&マイ・シューヴァル著。

刑事マルティンベック・シリーズは邦訳をぜんぶ読んだ記憶がある。
(日本の刑事ものも影響を受けていたようだ)

北欧と言えば、
その頃が学生時代に観た『処女の泉』。(インぐマール・ベルイマン監督)
ノルウェーの画家
エドヴァルド・ムンク「叫び」は世界的に知れわたっている。
なので北欧は白夜があり気候風土が暗く、
陰惨な事件が多い国と感じていた。
しかし「ゆりかごから墓場まで」と社会保障の行きとどいた国が、
最近になって移民や難民問題があり社会不安がおおっているようだ・・・。

『ミレニアムぁ戮鯑瀕擦靴燭薀献礇僖鵐潺好謄蝓次
『王とサーカス』米澤穂信 著の番だ。
「このミステリーがすごい」2015第一位。(日本の部)

楽しみは多い方が良いに決まっている。
これからも・・・。(自由時間があるっていいことだ!)

0210-6


toho_sakuma at 10:54TOHO会・OB書籍 この記事をクリップ!

2016年02月03日

2月3日(水)今日は朝から快晴。でも一歩表に出ると風が冷たい!寒い。明日は暦の上では立春。陽は長くなったが春はまだまだ、これから雪も有りそうだ。

0203-1


今日は私の誕生日。
古希を過ぎてから、またまた時間が加速しているようだ。

暦年齢は意識しないようにしている。

今朝は赤坂に行く前に、
お茶の水で途中下車。
いつものモーニングタイム。
喫茶店も「穂高」だ。
一人誕生日のひと時、ブレンドコーヒー。
読みかけのミステリーを置いて窓の外を見る。
川の向こうの病院の建物が眩しく飛び込んでくる。
薄暗い店内とのコントラスト。
思わず目を閉じてしまう。

0203-2


瞼の裡、頭の中には過ぎた日の記憶がボンヤリ浮き沈み、
ここまで人様のお陰で生かされてきた感じが、
年を増すごとに大きくなっているようだ。
久しぶりに友人、知人と会うと、
「・・・変わっていないね」と言われる。
本当にそうだろうか?
『方丈記』(鴨長明)によれば、
「ゆく川の流れは絶えずして、しかも、もとの水にあらず
・・・知らず、生まれ死ぬる人、いづかたより来たりて
いづかたへ去る・・・・・・」

また古代ギリシャ哲学者ヘラクレイトスの言葉。
『万物流転』
この世にあるすべてのものは、常に移り変わると云うこと・・・。

一時期「自分探し」をする若者が多くいた。
「自分とは一体何でしょう?」と
合わせ鏡の無限の連鎖映像に思い悩む。
まるで玉ねぎの皮むきの様になってしまう。
それを考えている者はいったい何者?

0203-3


昔の賢者は存在のはかなさをとっくに知っていたのに、
戦後の日本の教育は欧米の影響で、
自己の確立を目指す指針だった。
「わたしは」常に強い存在であれと。
「他者」は意識しない方がいいと。

わたしの細胞は常に入れ替わっている。
昨日の私とは違う存在の私がいる。
そのわたし の・ようなものが、
今日も生きているようだ。

過去は言葉で脳内変換されてデジタル化を繰り返す。
それは改変可能にするのも脳の役割。
記憶と疑似記憶が入り交ざるから、
自分の歴史はなかなか編みにくい。
生きていく上で人間は脳に色々な役割を与えすぎた。
それが人類の宿命でもあるらしい。

人の心が分からないと云う。
当然である。自分も時々刻々変化しているのだから。

今年は申年。
さるという文字の記念切手を買った。
こんなにも古代から猿を表す文字があったのか。

0203-4


今、喫茶店でこの原稿を書いている。

同じ生き物でも犬や猫は、
もっと生きるための感覚が優れているようだ。
人に飼われていてもそれなりに生きている。
われわれ人間にはそれはあるのか?

0203-5


前回の漢詩の書き初めの文言を繰り返す。
唐の詩人・李白の五語絶句「・・・孤雲独去閑・・・」
ポッカリ浮かんでいた一つの雲がひとり去って今は静けさだけが残っている。(私訳)

フット気づくとコーヒーが冷めていたのだ・・・。

0203-6


toho_sakuma at 17:00書籍風景 この記事をクリップ!
最新記事
Archives
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)